昨年アメリカで発表されたAndroid Payが、日本でもローンチされました。
既に、日本ではApplePayがローンチしていますが、それのAndroid版といったところでしょうか?
こちらも、まだまだ、使える端末は限られるようです。

Android Payのアプリをダウンロードして 、新規の電子マネーを登録しようとしたところ、
選べたのは「楽天Edy」のみ。おサイフケータイやApple PayでおなじみのSuicaやiD、QUICPayなどは、選択肢にありませんでした。

現時点で選べるのは「楽天Edy」のみです。

Googleが「Android Pay」を日本でスタートさせました。Android Payとは、Android端末を電子マネーリーダに
かざして決済する非接触型デジタルウォレットサービスで、いわば「Android独自のおサイフケータイ的機能」です。
日本では「楽天Edy」から対応を開始し、コンビニエンスストアや家電量販店など全国47万以上の店舗で利用可能になります。
おサイフケータイとApple Payという先行のサービスは、クレジットカード情報の保存にセキュアエレメント(SE)というハードウェアに依存する領域を利用しますが、Android PayではSEと同等の機能を持つホストカードエミュレーションをインターネット経由で提供する、つまりソフトウェア的に解決します。

しかし、Android Payが利用する非接触IC「NFC Type-A/B」は、ここ日本では対応する電子マネーリーダが少ないことから、
日本版ではFeliCaのSEを利用します。つまり、すでに普及しているおサイフケータイのインフラの上に成り立つアプリなのです。

 

利用可能なお店

 


http://designale.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/androidp.jpeghttp://designale.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/androidp-150x150.jpegadminDesignedy,楽天,電子マネー昨年アメリカで発表されたAndroid Payが、日本でもローンチされました。 既に、日本ではApplePayがローンチしていますが、それのAndroid版といったところでしょうか? こちらも、まだまだ、使える端末は限られるようです。 Android Payのアプリをダウンロードして 、新規の電子マネーを登録しようとしたところ、 選べたのは「楽天Edy」のみ。おサイフケータイやApple PayでおなじみのSuicaやiD、QUICPayなどは、選択肢にありませんでした。 現時点で選べるのは「楽天Edy」のみです。 Googleが「Android Pay」を日本でスタートさせました。Android Payとは、Android端末を電子マネーリーダに かざして決済する非接触型デジタルウォレットサービスで、いわば「Android独自のおサイフケータイ的機能」です。 日本では「楽天Edy」から対応を開始し、コンビニエンスストアや家電量販店など全国47万以上の店舗で利用可能になります。 おサイフケータイとApple Payという先行のサービスは、クレジットカード情報の保存にセキュアエレメント(SE)というハードウェアに依存する領域を利用しますが、Android PayではSEと同等の機能を持つホストカードエミュレーションをインターネット経由で提供する、つまりソフトウェア的に解決します。 しかし、Android Payが利用する非接触IC「NFC Type-A/B」は、ここ日本では対応する電子マネーリーダが少ないことから、 日本版ではFeliCaのSEを利用します。つまり、すでに普及しているおサイフケータイのインフラの上に成り立つアプリなのです。   利用可能なお店 ↓  旬のネタをキュレーション!デザイン系情報BLOG