By: Hajime NAKANO

雲取山2017mの山

東京最高峰の山、雲取山。
2017年の最強のパワースポットに、雲取山(東京都)を推す声が挙がっている。
標高は西暦と同じ2017mで、名前も「くもとりやま」と、干支の「とり」が入っている。
来年の2017年と引っ掛けて2017mの山に登ってみるのも縁起をかつぎでいいかもしれないなー。
東京都、埼玉県、山梨県との県境に位置する山で、雲取山は日帰りではちょっと厳しいので、
小屋かテント泊を考えて、1泊2日がよさそうだ。
雲取山の冬の平均気温はマイナス5度にまで下がることから、冬山の登山装備は必須!
積雪や凍結も多く、未経験者の単独登山は非常に危険なので、暖かくなってからいくのもいいかもしれない。

By: Guilhem Vellut

雲取山について

秩父多摩甲斐国立公園の代表的な山の一つで、日本百名山に選ばれている。1都2県にまたがるとともに、
東京都の最高峰・最西端の山でもある。山頂には一等三角点が設置されている。見晴らしが良く、
周辺の山々のほか富士山・南アルプス・関東平野方面なども見ることができる。
妙法が岳、白岩山とともに三峰山の三山の一つである。

登山道

山梨県・東京都側(多摩川流域)と埼玉県側(荒川流域)に大別される。丹波山村の鴨沢、秩父市の三峯神社からのコースをはじめ、様々なコースで登ることができる。
山梨県丹波山村からのコース(バスは奥多摩駅より)

By: Guilhem Vellut

鴨沢バス停〜小袖乗越〜七ツ石山〜雲取山。登り5時間30分・下り3時間30分。
お祭バス停〜後山林道〜三条の湯〜雲取山。登り6時間30分・下り5時間。土日は午前バス1本。行程の半分が後山林道。後山林道の部分は三条の湯が宿泊客のための迎車を行っている。三条の湯からは登り3時間・下り2時間15分。

東京都奥多摩町からのコース(バスは奥多摩駅より)
東日原バス停〜日原林道〜雲取山。登り6時間55分・下り5時間25分。2時間以上林道歩き。
東日原バス停〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り7時間5分・下り5時間25分。
峰谷バス停〜赤指尾根〜七ツ石山〜雲取山。登り5時間45分・下り4時間5分。土日は午前バス1本。
峰谷バス停〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り6時間5分・下り4時間35分。土日は午前バス1本。
石尾根:奥多摩駅〜六ツ石山〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り10時間15分・下り8時間。

埼玉県秩父市からのコース(バスは西武秩父駅・三峰口駅より)
三峯神社バス停〜霧藻ヶ峰〜白岩山〜芋ノ木ドッケ〜雲取山。登り5時間20分・下り4時間25分。
大陽寺入口バス停〜大陽寺〜白岩山〜芋ノ木ドッケ〜雲取山。

 

名称所在地収容人数キャンプ指定地水場営業
雲取山荘山頂北側直下200人テント50張あり通年
三条の湯後山林道終点付近80人テント15張あり通年
奥多摩小屋山頂南側尾根70人テント10張あり通年
七ツ石小屋七ッ石山15人テント10張あり通年

注意事項

冬は凍結もあり、初心者が登山できる季節ではありません。
雲取山の一般的な登山の適期は4月以降です。
登山初心者の方の、冬の雲取山登山は事故につながりますのでご遠慮ください。
登山計画書は、駅や登山口などに設置された登山届ポストや、警察署・交番・駐在所で受け付けている。
警察署には郵送も可能である。埼玉県・山梨県はインターネットでも受け付けている
冬期に滑落する事故が発生しており、秩父環境管理事務所は「雲取山安全登山マップ」を配布し、注意を呼びかけている

出典:埼玉県公式ホームページ雲取山安全登山MAP


http://designale.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/2996754403_8953de2d78.jpghttp://designale.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/2996754403_8953de2d78-150x150.jpgadminNew & Fresh雲取山2017mの山 東京最高峰の山、雲取山。 2017年の最強のパワースポットに、雲取山(東京都)を推す声が挙がっている。 標高は西暦と同じ2017mで、名前も「くもとりやま」と、干支の「とり」が入っている。 来年の2017年と引っ掛けて2017mの山に登ってみるのも縁起をかつぎでいいかもしれないなー。 東京都、埼玉県、山梨県との県境に位置する山で、雲取山は日帰りではちょっと厳しいので、 小屋かテント泊を考えて、1泊2日がよさそうだ。 雲取山の冬の平均気温はマイナス5度にまで下がることから、冬山の登山装備は必須! 積雪や凍結も多く、未経験者の単独登山は非常に危険なので、暖かくなってからいくのもいいかもしれない。 雲取山について 秩父多摩甲斐国立公園の代表的な山の一つで、日本百名山に選ばれている。1都2県にまたがるとともに、 東京都の最高峰・最西端の山でもある。山頂には一等三角点が設置されている。見晴らしが良く、 周辺の山々のほか富士山・南アルプス・関東平野方面なども見ることができる。 妙法が岳、白岩山とともに三峰山の三山の一つである。 登山道 山梨県・東京都側(多摩川流域)と埼玉県側(荒川流域)に大別される。丹波山村の鴨沢、秩父市の三峯神社からのコースをはじめ、様々なコースで登ることができる。 山梨県丹波山村からのコース(バスは奥多摩駅より) 鴨沢バス停〜小袖乗越〜七ツ石山〜雲取山。登り5時間30分・下り3時間30分。 お祭バス停〜後山林道〜三条の湯〜雲取山。登り6時間30分・下り5時間。土日は午前バス1本。行程の半分が後山林道。後山林道の部分は三条の湯が宿泊客のための迎車を行っている。三条の湯からは登り3時間・下り2時間15分。 東京都奥多摩町からのコース(バスは奥多摩駅より) 東日原バス停〜日原林道〜雲取山。登り6時間55分・下り5時間25分。2時間以上林道歩き。 東日原バス停〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り7時間5分・下り5時間25分。 峰谷バス停〜赤指尾根〜七ツ石山〜雲取山。登り5時間45分・下り4時間5分。土日は午前バス1本。 峰谷バス停〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り6時間5分・下り4時間35分。土日は午前バス1本。 石尾根:奥多摩駅〜六ツ石山〜鷹ノ巣山〜七ツ石山〜雲取山。登り10時間15分・下り8時間。 埼玉県秩父市からのコース(バスは西武秩父駅・三峰口駅より) 三峯神社バス停〜霧藻ヶ峰〜白岩山〜芋ノ木ドッケ〜雲取山。登り5時間20分・下り4時間25分。 大陽寺入口バス停〜大陽寺〜白岩山〜芋ノ木ドッケ〜雲取山。   注意事項 冬は凍結もあり、初心者が登山できる季節ではありません。 雲取山の一般的な登山の適期は4月以降です。 登山初心者の方の、冬の雲取山登山は事故につながりますのでご遠慮ください。 登山計画書は、駅や登山口などに設置された登山届ポストや、警察署・交番・駐在所で受け付けている。 警察署には郵送も可能である。埼玉県・山梨県はインターネットでも受け付けている 冬期に滑落する事故が発生しており、秩父環境管理事務所は「雲取山安全登山マップ」を配布し、注意を呼びかけている 出典:埼玉県公式ホームページ「雲取山安全登山MAP」旬のネタをキュレーション!デザイン系情報BLOG